高1 冬期オプション講座 [姫路校]

英語

英語ポイント総整理
2学期に「高1英文読解」で学習した範囲である比較・特殊構文(無生物主語・倒置)などの読解と文法を総合的に扱います。学校のやや先取りをすることで、学校の授業が必ず楽に理解できるようになります!2学期受講生はさらに理解を深めるチャンス!学校で上位の成績を維持するためにも必ず受講してください。初めて高進に来られるみなさんは、2学期に学習した範囲の重要なおさらいであり、遅れを取り戻すチャンスです!ぜひ高進の英語を体験しに来てください。
速読即解英文構造分析TR
2年後に迫る「大学入学共通テスト」では、センター試験と比較して《読解》重視で、速読が今まで以上に求められます。しかし、そのために必要になるのは、英文に目を速く走らせることでも、単語の意味を素早くつないでフィーリングで理解することでもありません。小学生の頃、ひらがなや漢字の書き取りを『ゆっくり丁寧に』したことが、やがて『速く丁寧に』書くことにつながったのと同様に、最初は英文一文一文をじっくりと論理的に考えて理解することこそが、やがて《速読即解》につながるのです。本講義では授業中に演習をたくさん行い、生徒一人ひとりが問題を解く様子を講師が見て回り個別で指導をしていきます。テーマは夏・2学期に『高1英文読解』で学習した《準動詞》《強調構文》《that判別》が中心です。2学期受講生は速読即解の精度・スピードをさらに上げるチャンス!新規受講生は2学期の学習事項を基礎からおさらいできるラストチャンスです!学校の予習が格段に楽になるだけでなく、成績アップも間違いなし。この冬に生まれ変わりましょう。

数学

数学総整理(2次関数)
中学校までは数学は得意のつもりだったのに、高校に入ってから苦手になってしまった人の大半は、この「2次関数」でつまずいたと感じています。きちんとグラフの扱い方を理解すれば決して難しい分野ではありません。早く「2次関数」を克服しておかなければ、数Ⅱの関数でも同じように苦手になってしまうでしょう。この講座を受講すれば「分かる」から「できる!」まで必ず成長できます。ぜひ高進数学の門をたたいてみて下さい。
数学総整理(三角比)
図形問題を扱うときに「三角比」にまつわる公式は必須です。「三角比」の扱いに慣れていないと、数Ⅱの「三角関数」の理解も絶対にできません。この2日間では単位円を用いた三角比の理解から始まり、図形問題を考える上での攻略法まで伝授していきます。数Ⅱに入る前に、図形を得意分野にしておきましょう。