レベルが段違いで
「問題を解くための解法」というのを
身につけることができました。

大阪市立大医学部医学科/鍵野 佑登(大阪星光学院高校)

私は高校2年生の春、高等進学塾に入塾しました。通常授業は保木本先生の英語しかとっておらず、オプション講座では生物を少しとっただけでした。英語の授業ははっきりいってレベルが段違いで「問題を解くための解法」というのを身につけることができました。高進の特徴は、先生と生徒の距離がめっちゃ近いところにあると思います。いろいろな授業をとると、ファミリーのように全面的にバックアップしてもらえます。逆に言うと依存しやすくなります。アドバイスとしては、学校を捨てない。自分を見失わないで自分を信じること!だと思います。ありがとうございました。応援しています。